TEL電子キット 谷岡電子(有)
  Tanioka Electronics Company Co.,Ltd.

4x1(4列1行)キーボードを使った
315メガ帯RFリモコン送信機 品番RF-0299L-TX-RT

315メガ帯RFリモコン送信機 品番RF-0299L-TX-RT
  概要

 本機は、無線リモコン送信部(RF-0299L-TX)と4x1(4列1行)キーボード(ACC-0324KEY-4x1-TX)からなる315メガ帯RFリモコン送信機(品番RF-0299L-TX-RT)です。本機と315メガ帯RFリモコン受信機(品番RF-0299-RX-RR)とペア―で使うことによって、さまざまな機器の遠隔操作、特に交流のON/OFFが簡単で確実に実現できます。
 無線リモコン送信部(RF-0299L-TX)に関する詳しい内容は、無線リモコン送信部(RF-0299L-TX)説明書等を参照してください。
 4x1キーボード(品番ACC-0324KEY-4x1-TX)は4列1行のタクトスイッチの配列プリント基板です。スイッチには二つの動作があります。スイッチが押されるごとに受信機のリレーがON/OFFを繰り返すトグルモードと、1秒,2秒,4秒のパルスモードがあります。例えば、1秒のパルスモードの場合、スイッチが押されるごとに約1秒間受信機のリレーが励起(ON)されます。
 受信機の出力リレーは1個ですから、トグルモードとパルスモードは独立していません。例えば、トグルモードでリレーをONにした状態で1秒のパルスモードスイッチを押すと、約1秒後にリレーはOFFになります。トグルモードとパルスモードは用途別に使用してください。

    主な規格
  1. 電源電圧   3V±5%、単三2本
  2. 消費電流   約30μA(0.03mA)スタンドバイ時
           約1.3mA(スイッチを押した時)

315メガ帯RFリモコン送信機 品番RF-0299L-TX-RT
使い方

RF-0299L-TX-RT.png

 無線リモコン送信部(RF-0299L-TX)に4x1キーボードを差し込むみ3Vの電池をつなぐとすぐ動作します。スイッチを押すとLED が短時間点灯します。電池は、単三あるいは単四形が使えます。キットには、単三電池ボックスが入っています。電池は付属していません。

4x1(4列1行)キーボードの各スイッチの機能
スイッチ番号 名称 機能
SW1 ON/OFF トグルモード: 押すごとに受信側リレーがON/OFFします。(注1)
SW2 1秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約1秒ONになります。
SW3 2秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約2秒ONになります。
SW4 4秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約4秒ONになります。
(注1)  受信側出力リレーは1個ですから、トグルモードとパルスモードは独立していません。例えば、トグルモードでリレーをONにした状態で1秒のパルスモードスイッチを押すと、約1秒後にリレーはOFFになります。トグルモードとパルスモードは用途別に使用してください。

315メガ帯RFリモコン送信機 RF-0299L-TX-RT の組み立て例

rf_0299l_tx_rt_1.JPG

送信側の電源に単三形2個使いましたが、単四形でもOKです。 電池はキットには入っていません。アンテナの配線はされていません。

315メガ帯RFリモコン送信機 RF-0299L-TX-RT と受信機 RF-0299-RX-RR のペア―の組み立て例

rf_0299l_tx_rt_2.JPG

リレー出力の配線、アンテナの配線はされていません。受信機側の電源に5VスイッチングACアダプターを使っています。アダプターはキットには入っていません。

315メガ帯RFリモコン送信機(品番RF-0299L-TX-RT) モジュールキットの内容
品名 品番 個数 特記
4x1キーボード ACC-0324KEY-4x1-TX 1個 モジュール完成品
無線リモコン送信部 RF-0299L-TX 1個 モジュール完成品
単三電池ボックス 3X2 3V用 1個 3Pピンソケット付き
説明書 1部

電磁リレードライブ回路モジュール(ACC-0325-RX)を使った
315メガ帯RFリモコン受信機 品番RF-0299-RX-RR

315メガ帯RFリモコン受信機 品番RF-0299-RX-RR
  概要

  本機は、無線リモコン受信部(RF-0299-RX)と電磁リレードライブ回路モジュール(ACC-0325-RX)を接続して使うことによって、さまざまな機器の遠隔操作、特に交流のON/OFFを簡単で確実に実現できます。本機は、315メガ帯RFリモコン送信機(RF-0299L-TX-RT)とペア―で使ってください。無線リモコン受信部(RF-0299-RX)に関する詳しい内容は、無線リモコン受信部(RF-0299-RX)説明書等を参照してください。
 電磁リレードライブ回路モジュールは、無線リモコン受信部の出力コネクターに接続します。本モジュールの電源は、受信部モジュールから供給されますので別途電源を準備する必要はありません。 入力データはマイコン(PIC12F1571)で読み込まれ、電磁リレーを駆動します。電磁リレー出力は、送信側のスイッチが押されるごとにON/OFFを繰り返すトグルモードと、1秒,2秒,4秒のパルスモードがあります。例えば、1秒のパルスモードの場合、送信側のスイッチが押されるごとに約1秒間リレーが励起(ON)されます。リレーが励起されるとLEDが点灯し、圧電ブザーが鳴ります。
 本機の出力リレーは1個ですから、トグルモードとパルスモードは独立していません。例えば、トグルモードでリレーをONにした状態で1秒のパルスモードスイッチを押すと、約1秒後にリレーはOFFになります。トグルモードとパルスモードは用途別に使用してください。

    主な規格
  1. 電源電圧           5V±10%、安定化されたもの
  2. 消費電流           約13mA(電磁リレーOFFのとき)
                   約55mA(電磁リレーONのとき)
  3. 出力電磁リレーの容量     最大1A(100VAC 交流100Wまで)
                   最大2A(30VDC 直流)

315メガ帯RFリモコン受信機 品番RF-0299-RX-RR
使い方

RF-0299-RX-RR.png

 5V電源(100mA以上)を用意し、3Pのピンソケットを使って無線リモコン受信部のCN4 に接続します。電源には5VスイッチングACアダプター又は弊社三端子電源キットJPS-0161+5Vなどを使います。電池は本機の消費電流が大きいので使えません。5VスイッチングACアダプターは(株)秋月電子通商で入手可能です。電源は別売です。そのほかの無線リモコン受信部(RF-0299-RX)に関する詳しい内容は、無線リモコン受信部(RF-0299-RX)説明書等を参照してください。
 電源を入れると直ちに受信状態になり、315メガ帯RFリモコン送信機との通信が可能になります。
315メガ帯RFリモコン受信機(RF-0299-RX-RR)は、315メガ帯RFリモコン送信機(RF-0299L-TX-RT)とペア―で使ってください。
 315メガ帯RFリモコン送信機(RF-0299L-TX-RT)は、無線リモコン送信部(RF-0299L-TX) プラス 4x1(4列1行)キーボード(ACC-0322KEY-4x1-TX)からなり、キーボードのスイッチを押すことによって通信が始まります。4x1(4列1行)キーボードの各スイッチの機能を下表に示します。

送信側4x1(4列1行)キーボードの各スイッチの機能
スイッチ番号 名称 機能
SW1 ON/OFF トグルモード: 押すごとに受信側リレーがON/OFFします。(注1)
SW2 1秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約1秒ONになります。
SW3 2秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約2秒ONになります。
SW4 4秒パルス パルスモード: 押すごとに受信側リレーが約4秒ONになります。
(注1)  受信側出力リレーは1個ですから、トグルモードとパルスモードは独立していません。例えば、トグルモードでリレーをONにした状態で1秒のパルスモードスイッチを押すと、約1秒後にリレーはOFFになります。トグルモードとパルスモードは用途別に使用してください。

315メガ帯RFリモコン受信機(RF-0299-RX-RR) の組み立て例

rf_0299_rx_rr_1.JPG

電源に5VスイッチングACアダプターを使った組み立て例

315メガ帯RFリモコン送信機 RF-0299L-TX-RT と受信機 RF-0299-RX-RR のペア―の組み立て例

rf_0299l_tx_rt_2.JPG

リレー出力の配線、アンテナの配線はされていません。受信機側の電源に5VスイッチングACアダプターを使っています。アダプター、電池等はキットには入っていません。送信側の電源に単三形2個使いましたが、単四形でもOKです。

315メガ帯RFリモコン受信機 品番RF-0299-RX-RR モジュールキットの内容
品名 品番 個数 特記
電磁リレードライブ回路モジュール ACC-0325-RX 1個 モジュール完成品
無線リモコン受信部 RF-0299-RX 1個 モジュール完成品
ピンソケット 3P 1個 赤、黒リード線付(約15cm長)
説明書 1部

無線リモートコントローラ(ラジコン)送信部
315メガ帯無線によるリモコン送信部 品番RF-0299L-TX

概要
 本キットは、PIC8ビットマイコン 16LF1826を使用した無線リモート コントローラ(ラジコン)送信部(品番RF-0299L-TX) (完成品)です。
  無線リモートコントローラ(ラジコン)受信部 (品番RF-0299-RX)と組み合わせて、315メガ帯での無線による リモコン制御ができます。
 キーパットマトリックススイッチ、 品番ACC-0295-KEY4x4は別売です。
 本キットのCソースファイルリストが説明書に添付されています。

    機能と特長
  1. 消費電力が極めて小さい。約28μA@3V(スリープ時)   スイッチが押されたとき約1-2mA@3V
  2. 小型でローコスト
  3. 16個のキースイッチを使って最大26種類のキーコード(5ビット) を送信。
  4. 16個のキースイッチ中、二度押しスイッチが4個、 四度押しスイッチが2個、単発スイッチが10個ある。
  5. デバイスコードは、4ビットDIPスイッチを使って14個のデバイス を設定できる。
  6. 通信可能距離は直線で約50m
  7. 動作電源電圧は2.2V-3.3V (単三電池2個、5V電源不可)

 無線リモートコントローラ送信部RF-0299L-TXと キーパットACC-0295-KEY4x4(別売)を接続したところ。 rf_0299l_tx_2.jpg

無線リモートコントローラ(ラジコン)受信部
315メガ帯無線によるリモコン受信部 品番RF-0299-RX

概要
 本キットは、PIC 8ビットマイコン16F1826を使用した無線リモートコントローラ (ラジコン)受信部(品番RF-0299-RX)(完成品)です。
 無線リモートコントローラ(ラジコン) 送信部(品番RF-0299L-TX)と組み合わせて、315メガ帯での無線リモコン制御 ができます。
 本機は送信側キースイッチ対応したキーコードを16進で出力します。
 また、本機の出力に10進変換アダプター(品番HtoD-0297) を接続すれば16進出力が10進に変換され、出力信号も 保持されるので、種々の機器の制御が簡単になります。
 本キットのCソースファイルリストが説明書に添付されています。

    機能と特長
  1. 消費電力が小さい。約2.5mA@5V
  2. 小型でローコスト
  3. 16個のキースイッチを使って最大26種類のキーコード(5ビット)を受信。
  4. 16個のキースイッチ中、二度押しスイッチが4個、四度押しスイッチが2個、 単発スイッチが10個ある。
  5. デバイスコードは、4ビットDIPスイッチを使って最大14個のデバイス を設定できる。
  6. 通信可能距離は直線で約50m
  7. 動作電源電圧は4.0V-5.0V

 無線リモートコントローラ受信部RF-0299-RXと 十進変換アダプターHtoD-0297(別売)を接続したところ。
 LED D5が点灯し、無線リモコン送信側の2回押しスイッチ1 が押されたことがわかります。また、デバイスコードは"110” と設定されています。 rf_0299_rx_2.jpg

十進変換アダプター
16進を10進に変換しLEDで表示 品番HtoD-0297

概要
 本キットは、8ビットマイコンPIC16F1937を使用した 10進変換アダプター(品番HtoD-0297)です。
 本機は次のキットの出力に接続して使います。
 @無線リモートコントローラ受信部 (品番IR-0299-RX)
 A表示なし赤外線リモートコントローラ受信部 (品番IR-0298-RX)
 BLCD表示付赤外線リモートコントローラ受信部 (品番IR-0294-RX)
 上記キットの出力は16進です。本キットアダプターを 接続することによって10進に変換されるので、種々の機器の制御 が楽になります。
 表示は3ビットデバイスコードを3個のLEDに(二進)、 5ビットのキーコードを26個のLEDに十進で表示します。 ただし、LED表示なので、消費電流が大きくなること、プリント 基板のサイズもおおきくなります。
 本キットのCソースファイルリストが説明書に添付されています。

    動作
  1. 受信機側のコネクターCN1,CN2と本機のCN1,CN2を差し込む。
  2. 受信機側のリセットスイッチRESET(SW1)を押す。
  3. 本機の電源は受信機側から供給される(4V−5V)。 本機に必要な電流は40mA以上。
  4. 電源が入って数秒後に本機はリセットされデフォルト値(後述) が表示される。
  5. 1バイトの入力をポーリングで読み込み、上位3ビット デバイスコードを3個のLEDで表示(負論理)する。 下位5ビットキーコードは十進に変換され26個のLEDに 表示され、同時にコネクターCN4,5,6,7に負論理で出力される。 負論理は0の時LEDが点灯する。
  6. 入力データに変化があればブザー信号(約5Khz)が短時間 (約16mS)出力される。
  7. 本機をリセットするには受信側のリセットスイッチを押すか 受信側の電源を切る。
十進変換アダプター HtoD-0297
定価 1キット完成品 ¥3,500(外税)

中級者向きキット

 十進変換アダプターHtoD-0297と 赤外線リモートコントローラ受信部IR-0298-RX(別売)を 接続したところ。
 LED D5が点灯し、赤外線リモコン送信側の2回押しスイッチ1 が押されたことがわかります。また、デバイスコードは"110” と設定されています。 htod_0297_2.jpg

キーパットマトリックススイッチ
品番ACC-0295-key4x4

概要
 キーパッド(品番ACC-0295-KEY4X4)は4ビットx4ビットマトリックス タイプのスイッチで構成され、全部で16個のプッシュボタン(タクト)スイッチから 成っています。本機は下記するキットのキーパットとして使用します。

  1. 無線リモートコントローラ(ラジコン)送信部 (品番RF-0299L-TX)
  2. 赤外線リモートコントローラ送信部 (品番IR-0298L-TX)
  3. LCD表示付赤外線リモートコントローラ送信部 (品番IR-0294L-TX)
  4. LCD表示付赤外線リモートコントローラ受信部 (品番IR-0294-RX)

 キーパットマトリックススイッチACC-0295-key4x4と 無線リモートコントローラ送信部RF-0299L-TX(別売)を接続したところ。 acc_0295_key_2.jpg